カートリッジ式の特徴について

薬剤が封入されたカートリッジを交換して使用する

電子タバコはメーカーごとに構造が異なりますが、最も広く普及しているのは専用のカートリッジを交換して使用するタイプの製品です。カートリッジ内に封入されている薬剤を電熱器で加熱し、発生した蒸気を吸引する仕組みになっています。カートリッジ内の薬剤を使い切ったら別の物と交換し、再び吸引することができるのです。カートリッジ内の薬剤は様々な種類があるので、好みの風味を選ぶことができます。また、カートリッジは内部の薬剤が空気に触れない作りになっているので、使いかけの物を長期間放置しても風味が落ちる心配がありません。そのため、風味が異なる複数のカートリッジをその時の気分で使い分けることができるようになっています。

カートリッジの価格や形状の特徴

電子タバコ用のカートリッジは電子タバコを販売しているお店で購入することができます。カートリッジの価格や風味はメーカーごとに異なりますが、一本の平均価格は千円弱程度です。これはカートリッジの使用回数が数百回以上と多く、封入されている薬剤の品質が高いことが理由です。また、電子タバコは複数のメーカーが販売していますが、それぞれ電熱器の設定温度やカートリッジの挿入口の形状が異なるので購入時は注意が必要です。他メーカーのカートリッジは形状が異なるので使用できません。また、対応する電熱器の温度もメーカーごとに違うので、カートリッジを改造して強引に接続させても本来の風味を楽しむのは非常に困難です。メーカーごとに扱う風味が違うので、複数の電子タバコを持つのが効果的な対処法と言えます。