リキッド式の特徴について

香りと風味を味わう!リキッド式電子タバコ

公共の場所での喫煙スペースの減少やたばこ税の増加、そして何より健康上の理由から、電子タバコを使用する人が増えてきています。商品によって種類が違いますが、今回は次世代の電子タバコとして人気のある、リキッド式のものとの比較をしてみましょう。 従来の電子タバコは、タバコの葉を熱してその煙を吸引するものです。ニコチンやタールを少量でも含むタイプが多いので、普通のタバコと遜色なく楽しめるのが特徴であり、メリットです。リキッド式のものは、タバコのフレーバー付きのリキッドを熱して水蒸気を吸引し、香りと風味を楽しむもので、たばこの風味としては薄くなりますが、煙も少ないため普段タバコを吸わない方や、喫煙の気分を感じたいという方にも手軽に楽しめるのが特徴です。

リキッド式電子タバコを手軽に楽しもう

リキッド式の電子タバコは気軽に喫煙初心者でも気軽に楽しめるものです。フレーバーリキッドは、タバコの香りだけでなく、フルーツやメンソールなど種類も豊富で、その時の気分によって変えられます。ニコチンやタールを含まないリキッドなら、中毒性もなく、ひとときのリラックスタイムを過ごせるのではないでしょうか。 また、手軽に楽しめるもう一つの理由として、メンテナンスがほとんど必要ないタイプが多いということです。使い捨てのものもあります。形状も、ポケットにさしておけるようなペンタイプのものもあります。持ち運びにもストレスが少なく、嗜好品として楽しみやすいのが、リキッド式電子タバコの最大のメリットであり、欧米やアジアでも流行している理由ではないでしょうか。